25

語り公演「宮澤賢治を語る」を終えて

ご報告が遅くなりましたが、10月25日、11月1日、7日、8日と三週間にわたって、語り公演「宮澤賢治を語る」を行いました。ご来場下さった皆様にお礼を申し上げます。 演目は「洞熊学校を卒業した三人」(語り:吉岡紗矢)、「ど […]

抜き稽古4日目

2015年3月23日「恋に狂ひて」稽古日誌 稽古前にみんなでコロコロを使い、パンチをサッと掃除する。 そこへ今回楽師として参加している村上さんが颯爽と現れたので、みんな「あれ?」と思った。 会社員の村上さんは今日は仕事で […]

歌から台詞へ ―― 「恋に狂ひて」稽古日誌2/15 ――

皆さんこんにちは。奥本です。前回の稽古から10日以上過ぎました。稽古日誌を書く書くと言いながら、すっかり忘れていたのです。反省しております。 さて、この日は作品の流れを思い出すことを主として稽古を行いました。 作品の流れ […]

語りワークショップ新年のご挨拶

語りワークショップ日誌(1月8日) 本日は新年のワークショップはじめでした。参加者は少なめでしたが、今年も各々の地道な探究がスタートしました。 皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 はじめに今年の語りワークショッ […]

語りワークショップ日誌(2014年12月1日)

本日の稽古には、新品の正座椅子が登場し、活用されました。 12月の語り公演「日本間で聴く 樋口一葉・芥川龍之介」で使用するため、吉岡が製作したものです。 いつもは全員椅子に座って語るのですが、今日は正座椅子で語ったところ […]

05

『恋に狂ひて』動画撮影日誌(2014年11月25日)

午前9時に船劇場へ集まり『恋に狂ひて』の撮影がありました。 天気は生憎の雨、僕が稽古場へ入る前に松本くんと春菜さんが到着していました。 到着すると、とある事情により電源が使えないとのこと。 荷物を置いて、発電機を出し、明 […]

28

12月語り公演「日本間で聴く樋口一葉・芥川龍之介」稽古日誌(7)

藪の中 まずは最初に通して演じた後、個々のパートの語りを細かく詰めました。 やはり巫女のパートは一番大変なようですが、うまくいけば一番面白くなるように思えます。 音楽的には全体の枠組みがある程度はっきりしたので、翌週の稽 […]

26

【語り作品特集第3回】軒もる月

語り公演「日本間で聴く樋口一葉・芥川龍之介」に際し、当劇団の語り作品を特集しています。 今回は樋口一葉原作の「軒もる月」です。この作品は、いわゆる「奇跡の14ヶ月」の3作目にあたります。 演じられた回数こそ多くありません […]

12月語り公演「日本間で聴く樋口一葉・芥川龍之介」稽古日誌(6)

12月語り公演「日本間で聴く樋口一葉・芥川龍之介」の稽古日誌第6回目です。 稽古自体の内容も深まっていく中、今回は「にごりえ」の稽古の際にひとみ座の中村座長にご見学いただきました! (※当公演では公演当日のボランティアを […]

19

【語り作品特集 第1回】洞熊学校を卒業した三人

12月に行われる語り公演「日本間で聴く樋口一葉・芥川龍之介」開催に際し、横浜ボートシアターの語り作品を特集します。 「語り」という言葉からは、控えめな抑揚で淡々と語られる「朗読」のようなものを 思い浮かべる方が多くいらっ […]