『日本間で聴く一葉「大つごもり」「十三夜」』の公演を終えて

『日本間で聴く一葉「大つごもり」「十三夜」』の横浜「自在」南軽井沢稲葉邸公演が終わりました。 炎天下の暑い盛りに会場にお集まり下さいました皆さまには心より御礼申し上げます。 またこの度は都合がつかない旨、激励のお言葉と共にご連絡下さいました方々へも厚く御礼申し上げます。 解放的な空間演出 この度は、これまでにない暑い時期の稲葉邸公演となりましたので、遠藤さんの演出で、会場となるお座敷の周りの障子は […]

「日本間で聴く一葉」稽古日誌(2017年6月16日)

本日の稽古中の話題。88歳にして遠藤さんが発見したという二つのこと。 ①女というものの発見。 遠藤さんは美術大学時代、男女共学についての学生による座談会で、「反対!過去に女の芸術家がいたか?日本の歴史を見よ。ルネッサンスを見よ」と言って、女子学生から大ヒンシュクを買ったとか。その思い出について次のように豪語します。 「今はそういうことを言う奴がいない。議論が巻き起こって面白いだろ?憎まれっ子世には […]

「日本間で聴く一葉」稽古日誌(2017年6月9日)

今回初出演します岡屋さんは、池袋コミュニティー・カレッジの遠藤さんの語り講座の生徒さんです。そして当劇団の語りワークショップにも参加されています。 70代の主婦で、芝居経験はありません。 感情を露出する「芝居」なんてものは、とても恥ずかしくてできませんというタチの方です。 7〜8年間遠藤さんの指導を受け、言葉を一字一句おろそかにせず、タカを括らず、機能させることを学んでいらっしゃいました。そしてそ […]

吉岡紗矢の 〜演劇で見る世界〜 1

樋口一葉の「にごりえ」の語り公演を始めて二年近くなる。 その物語の登場人物、銘酒屋に勤める女・お力の描写の中に、これ見よがしに色白の胸元をはだけて、着物で立て膝、煙草すぱすぱという場面がある。また、銘酒屋の前を通りかかった客に対してお力が「これ石川さん、村岡さん。お力の店をお忘れなされたか」と声をかけると、客が「いや、あいかわらず豪傑の声掛かり。素通りもなるまい」と答え、ずっと店に入ってくるという […]

『語り「にごりえ」』文京区立森鴎外記念館公演、終了いたしました。

2016年5月15日(日)、文京区立森鴎外記念館で開催された公演、『語り「にごりえ」』は、おかげさまで無事終了いたしました。 ご来場になった皆さま、森鴎外記念館の皆さま、関係者の皆さまに篤くお礼申し上げます。 森鴎外記念館は「観潮楼」と呼ばれた旧森鴎外宅の跡に建てられたものだそうです。「まことの詩人」と樋口一葉を激賞した森鴎外ゆかりの場所での『にごりえ』の上演は、劇団にとっても非常に意義のあるもの […]

4月〜7月 公演に関するお知らせ(日本間で聴く一葉、にごりえ、恋に狂ひて)

日本間で聴く一葉 4/9(土), 4/10(日) は、「日本間で聴く一葉 2016年 春」が横浜南軽井沢稲葉邸自在で開催されます。演出の遠藤啄郎も「樋口一葉は語りの稽古をし始めてその凄さがわかった」と言う通り、一葉作品の多くはとても語りに向いていると我々は考えております。今までなんとなく一葉作品を敬遠されていた方にこそ、この公演に足を運んでいただきたいと願っております。 両日ともに、お席の方にはま […]

語り公演「宮澤賢治を語る」を終えて

ご報告が遅くなりましたが、10月25日、11月1日、7日、8日と三週間にわたって、語り公演「宮澤賢治を語る」を行いました。ご来場下さった皆様にお礼を申し上げます。 演目は「洞熊学校を卒業した三人」(語り:吉岡紗矢)、「どんぐりと山猫」(語り:柿澤あゆみ)の二作品。ボートシアターのダイナミックな語り口は本公演でも健在で、ご覧になった方からは「語りという表現手法に対するイメージが変わった」との声もいた […]

語りワークショップ新年のご挨拶

語りワークショップ日誌(1月8日) 本日は新年のワークショップはじめでした。参加者は少なめでしたが、今年も各々の地道な探究がスタートしました。 皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 はじめに今年の語りワークショップの予定をお知らせいたします。 (公演等の日程の影響で変更が出る可能性もありますが、その場合は随時お知らせをして参ります)   2015年語りワークショップの予定 1月~ […]

語りワークショップ日誌(2014年12月1日)

本日の稽古には、新品の正座椅子が登場し、活用されました。 12月の語り公演「日本間で聴く 樋口一葉・芥川龍之介」で使用するため、吉岡が製作したものです。 いつもは全員椅子に座って語るのですが、今日は正座椅子で語ったところ、皆さん声の出がよいとおっしゃっていました。声を出す時の腹の支えがしやすいとのことです。 何故そうなのか科学的なことはわかりませんが、そんなに良いとなれば、今後の語り稽古は正座椅子 […]

12月語り公演「日本間で聴く樋口一葉・芥川龍之介」稽古日誌(7)

藪の中 まずは最初に通して演じた後、個々のパートの語りを細かく詰めました。 やはり巫女のパートは一番大変なようですが、うまくいけば一番面白くなるように思えます。 音楽的には全体の枠組みがある程度はっきりしたので、翌週の稽古までの一週間が勝負だと感じています。 にごりえ 吉岡さんが体調を崩されたため、中止となりました。 稽古後、「にごりえ」の風景描写として登場する「甚句」「かっぽれ」「都々逸」や、昔 […]