「さらばアメリカ!」公演終了いたしました

日頃より当劇団WEBサイトをご覧いただきありがとうございます。 5月25日(金)〜6月3日(日)までKAAT 神奈川芸術劇場大スタジオにて開催された「さらばアメリカ!」は無事に全日程を終了いたしました。ご来場いただいた皆様、関係者の皆様に深く感謝いたします。 当劇団は9月14日(金)〜10月1日(月)に、東京・大森アートポジションで仮面展示・影絵人形芝居公演・音楽ライブ・仮面デモンストレーションを […]

「さらばアメリカ!」の歴史③〜 「遠藤啄郎のアメリカ」から「さらばアメリカ!」へ〜

「さらばアメリカ!」が上演に到るまでの歴史をご紹介する連載コラム、今回が最終回です。横浜市中央図書館で上演された「アメリカ!」はその後シアターXで「遠藤啄郎のアメリカ!」と改題され上演されます…… 前回(1970代執筆当初に関する記事) 前々回(横浜市立中央図書館にてリーディングスタイルで上演された時の話)         図書館小劇場を経て2000年9月に […]

89歳遠藤の新境地、ラクダの仮面を徹底解剖!そして、その仮面をつけるのは……?

  「さらばアメリカ!」のチラシの写真でアメリカ国旗を持ち横を向いているのはラクダです。 死んで亡霊となったラクダ。 当初主人公以外の登場人物はほとんど仮面にしようという案もあったが、最終的に死んだラクダと銅像の馬だけが仮面になった。 銅像の馬は以前作った物を使い回し、色を塗り替え使うことに。 今回新作の仮面は死んだラクダのみとなった。 新作な上にボートシアターにとって、遠藤にとって、こ […]

「さらばアメリカ!」の歴史②〜 図書館小劇場「アメリカ!」(2000年5月上演)〜

5月25日〜6月3日までKAAT 神奈川芸術劇場で上演される「さらばアメリカ!」の40年にわたる紆余曲折をご紹介する連載コラムです。前回は1975年頃に遠藤啄郎が当作品を執筆した当時を振り返りました。長期の海外公演で心身がボロボロになり、「もう演劇などやめてやる!」というヤケクソな状態で書かれた後複数の劇団から上演拒否された本作が再び日の目を見るのは、横浜ボートシアターの語り企画「図書館小劇場」で […]

「さらばアメリカ!」の歴史①〜上演不可、そしてお蔵入り〜

遠藤が『アメリカ!』を書いたのは1975年頃。 (ちなみに題名を『さらばアメリカ!』に変えたのは今年に入ってから) 度重なる長期の海外公演で疲れ切り、人間関係はズタズタ、もう芝居なんかやめてしまおうと、死にたいほどのヤケクソの気分だった頃に書いたという。 直前までの海外公演記録は下記の通り。 1971年 『人と人形による劇・極楽金魚』脚本・演出/遠藤啄郎、主催/劇団「青年座」 『ゴリラ・ゴリラ』脚 […]

ボートシアターの特殊な稽古スタイルとその訳

  ついに劇場前に「さらばアメリカ!」のポスターが貼られました! 顔合わせから本番まで1年10ヶ月。 長いと思われるかもしれませんが、その間の稽古総数は58回、現在46回目。 2016年8月に初顔合わせをしてから、段階的に稽古頻度を上げて来ました。 始めの4ヶ月間は月一回、その後10ヶ月間を月二回、5ヶ月間を週一回、2ヶ月間を週二回、最後の1か月を週三回、そして劇場入りを迎えます。 この […]

『日本間で聴く宮澤賢治』全日程終了のお知らせ

「さよなら稲葉邸」公演第一弾・『日本間で聴く宮澤賢治』が終了いたしました。 長年ご支援して下さっている方、初めてお見えになった方、そして遠路を厭わず駆け付けて下さった方、中でも遠くは名古屋からいらして下さった方など、多くのお客様にご来場いただき、心より感謝申し上げます。 アンケートを通じお客様から親身な率直なご意見もいただき、共により良いものを作って行こうというお心を感じ、ありがたく、力が湧き上が […]

2018年上半期は様々な手法で多くの作品を上演して参ります!

いつも当劇団WEBサイトをご覧いただきありがとうございます。 遅くなりましたが、本年上半期の上演予定をお知らせいたします。 まずは2月24日〜25日。以前から舞台作品として上演してきたドラマチックな悲劇「土神と狐」を初めて語りバージョンで上演する他、美しい自然描写の際立つ「いてふの実」「水仙月の四日」がさらなる深化を遂げて再演されます。同一作家の手によるとは思えない多彩な三作品を、想像力掻き立てる […]