【語り作品特集 第1回】長長秋夜(ぢゃんぢゃんちゅうや)

小熊秀雄作「長長秋夜」は叙事詩的な作品です。 出来事を中心に組み立てられる叙事詩には起こった事、状態、情景などを表現するために地の文が多く含まれますが、 この地の文こそは語りにとって非常に重要なものである、とボートシアターは考えています。 古来、叙事詩は必ずある宗教観、世界観、哲学観を背景につくられてきました。 そこで表現されているのは単なるひとつの出来事を越えて、人はいかに生きるべきか、 世界は […]