第4回 船劇場船体上部ペンキ塗装作業【ボランティア大募集!】

ペンキ塗装はお陰様で順調に進んでおります。どんどん美しく生まれ変わる様に、皆で劇場を作っている!という感慨が湧いてまいります。

少し暑くはなって来ましたが、海辺の清々しい労働でリフレッシュ出来るかも知れません。

皆様の参加のお申込みをお待ちしております!

  • 日時:6月4日(土)8:30〜17:00
  • みなとみらい線「元町・中華街駅」1〜4番出口方面改札に8時ちょうどに集合。船劇場までご案内いたします。
目次

〈お知らせ・注意事項〉

  • 不織布のつなぎを3名様にはお貸しできます。
  • 汚れてもよい服装と靴、靴は滑らないものをご用意ください。
  • 遅れての参加、午後からの参加でも歓迎いたします。
  • お昼はお弁当を用意いたします。

〈持ち物〉

  • 汚れても良い服装
  • 滑らない靴(甲板が熱を持つので底が薄くない方がいいかもしれません)

〈あると便利なもの〉

  • タオル、着替、飲み物、ゴーグル(飛んだペンキが顔にかかるのを防ぎます)
  • 持っている方は自前のつなぎ

〈連絡先〉

ペンキ塗装作業レポート(5月29日)

晴れ。8:30に船劇場に集合。

今日は船劇場船体上部ペンキ塗り3日目。

最高気温は予報で29度。予め皆のスポーツドリンクを購入し、日焼け止めも塗る。

朝に集合したのは指導の青木さんと、プロデューサーの古澤さん、奥本、松本、吉岡の5人。劇団の3人は今日のためにそれぞれつなぎを購入した。

全員でいっせいに船首の片付けに取り掛かる。ゴミを掻き出し、ヘラとグラインダーで錆落とし。きれいにしたら古澤さんが持ち込みの機器で高圧洗浄。

その間、先週の続きである岸壁側の壁面の塗装に取り掛かる。

松本のグラインダーを先頭に、錆止め塗装が続き、黒の上塗り塗装が続く。分業型の流れ作業になった。陸では奥本が階段を白く塗る。

11時頃お手伝いのSさんがいらしてくれた。

続いて奥本のお兄さんも登場。極め付けはお昼休憩に入った時に、なんと愛知県からTさんが駆けつけてくれた。

お昼ご飯は古澤さんが「こういう時は食べ物が重要だよ」と言って、バイクでお弁当を買い出してくれた。栄養バランスよく彩りのよいご飯とバナナを食べ、午後は8人でスタート。

高圧洗浄後の乾いた船首部分に錆止め塗装が始まる。

朝からグラインダー専属だった松本は一人粉塵で黒くなり疲労困憊し、震える手で柵の白ペンキ塗装に取り掛かる。かわいそうなことをした。体力的にきついグラインダーは次回からは交代で行うことにする。

午後の鉄部はどんどん熱くなり、お尻をついてのペンキ塗りは難しくなる。

それにしても人数が多いとみるみる作業が進む。休憩もまめに取り、スポーツドリンクがたりなくなると買いに走る。Tさんの愛知土産もいただき、もうひと頑張りする。船首の錆止め、黒の上塗りの途中でちょうどペンキがなくなり、時間も程よいので作業は終了となった。

いい汗をかき晴れ渡る海沿いの景色も最高、何より達成感もあって心地よい疲労感だ。

劇場入口の小屋部分でもう一人のプロデューサーの笠原さんが、太陽光パネル設置に向けた下調べとして屋根裏を調査していた。

皆で記念撮影後、せっかく愛知からTさんがいらしてくださったので、皆で張記小籠包に行った。

「プロに教えてもらうこんな体験、職業訓練学校に行かないとできないよ」と谷川さんが仰る。奥本くんのお兄さんも「家でデスクワークばかりしているのもなんだから来てみた」とのこと、いいリフレッシュになったようだ。Sさんも終始楽しそうに記録もたくさん撮ってくださった。

皆さん、本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる