横浜ボートシアター『白い影絵』観劇の記――ある手紙から

舞台が始まりすぐ、語り部の台詞も含め、脚本のほとんどの言葉が石原の詩と散文からなっていることに気づきましたが、それでいながら、全体が確固たる劇として成立していることに、上演中からすでに、率直に感銘を受けました。このようなことが可能な日本の現代詩人は、けっして多くはないはずだと。とくに「難解」と言われることの多い石原の詩句が、舞台上でこんなにも力強く響いているのを聞きながら、彼の言葉の真正さというも … 続きを読む 横浜ボートシアター『白い影絵』観劇の記――ある手紙から