『月夜のけだもの』登場人物紹介〜白熊編〜

『月夜のけだもの』登場人物紹介の二人目はこの動物。本日奇しくも横浜は雪が降っており、この動物の紹介にはとてもぴったりなお日柄となりました。

左:2006年上演の仮面劇の白熊/右:2018年上演の影絵の白熊
月光にぼうっと黄色く青く光る毛皮。
他の動物に弟子入りしようという学びの徒。
(なので原作には特に書いていないが、遠藤の演出はいつも学生服を着せている)
獅子にして「実に無邪気な君子」と言わしめる。
育ちがいいのか、無邪気に割と言いたいことを言う。
(賢治は他の作品を読んでも、どうも白熊に高貴なイメージを持っているようです)

この動物が自分の鼻をおさえている理由はぜひ会場にてお確かめください!