『月夜のけだもの』登場人物紹介〜獅子(ライオン)編〜

創作影絵人形芝居「月夜のけだもの」には魅力的なキャラクターが多く登場します。本番初日まで毎日一人(一匹?)ずつ、動物たちを紹介してまいります。本日は「百獣の王」の異名を持つあの動物です。宮澤賢治の世界でも、やっぱり強く雄々しいのでしょうか。そして、仮面劇と影絵ではそれぞれどんな姿でライオンを描いているのでしょうか。

左:2006年上演の仮面劇の獅子/右:2018年上演の影絵の獅子
フロックコートを着て、金頭のステッキを持っている立派な旦那様風。
威圧的なたてがみと大きな頭。
動物たちから恐れられ尊敬されている。
動物園内を見回り、動物同士の問題を調停し、素行の悪い者には罰を与え、良い者には褒美を与える。
上に立つ者の責任を果たし、立派であろうと努めている。
内心、ある動物を一方的に気にしているようだが……?