「賢治讃劇場」全日程終了のお知らせ

2017年10月11日〜15日にかけて開催された「賢治讃劇場」は無事全日程を終了いたしました。ご来場された皆様、ご助力いただいたスタッフの皆様に改めてお礼申し上げます。

今回上演した『フランドン農学校の豚』は初演、『シグナルとシグナレス』は2006年以来の再演でした。タイプこそ異なる作品ですが、両者ともに喜劇性の高い作品です。皆様がどのようにご覧になられたのか、これからアンケートをじっくり拝読し、今後の糧とさせていただきます。

今回の上演に先立って行われた船の改修では予定通りに修理が進まず、一時は開催すら危ぶまれるほどでした。しかし、様々な方々のご助力を得まして、なんとか会場を元の場所へ係留することができました。この場を借りて、感謝いたします。

当劇団の次の舞台は、樋口一葉の語り公演です。12月4日(月)、西新井禁煙囲碁クラブにて開催いたします。詳細は追ってお知らせいたしますので、どうぞお楽しみに。