『恋に狂ひて』2015年ツアー記録 6月22日(月)神戸〜岡山 移動日

6月22日(月)神戸〜岡山  移動日

執筆者の文字色:吉岡 奥本 松本


爽やかな緑。市街地からさほど離れていない所にこれほど広大な緑地帯があるとは。まさに「しあわせの村」です。
今日は移動日でオフですが、春菜さんと吉岡はそれなりの時間に起きてストレッチをしている。
柿澤さんと湯浅さんは時間の許す限り爆睡という感じです。
それでも4人で窓から一面の緑を見渡しながら買い置きの朝ご飯を食べる時間はあって、なんとも気持ちいい。

IMG_3910-compressor

男性俳優陣は早起きした人から、洗濯物など身の回りの整理。奥本は体力回復を優先させる。一番遅く起きて、ストレッチと武術の稽古を軽く行う。身の回りのことは岡山でやるとして、今は運転の準備と体調を整えることを優先。

10時ロビー集合。さてこれから温泉です!
温泉は嫌いで入らないという人も数人。女子は全員入ります。

温泉は疲れるので入らないことにする。入ってしまうと落ち着き過ぎてしまう。運転の間に眠くなるのも良くない。車で待つのは、僕と説経節政大夫さん。舞台のことを色々と話す。義長について“次は強めで入って下さいよ”とリクエストされる。綾香さんも温泉には入らなかった。

男風呂では全員バラバラで、顔を合わせたら挨拶をする程度。皆さん非常に淡白に風呂を楽しむ。

植物園のハウス内のように明るく、野外と見紛うような開放感。
様々なタイプのジャグジーのお風呂が並んでいる。
お風呂の後11時に再び集合して、いよいよ岡山に向けて出発です。

神戸・三宮へおりて朋さん、竹内さんと合流。三宮に少しよりたかったけれども、懐かしんでいる時間は無い。運転は安全運転。合流したは良いが、結局「しあわせの村」方向へ出てそれから山陽道を進む。

 

途中のサービスエリアのスターバックスで、野比さんにいただいたサービスチケットを使う。
皆いつにないゴージャスなドリンクを手に持ち、記念撮影。

IMG_3916-compressor

岡山に着き、まずは後楽園を観光。
園内にある能舞台を見学しようと行ってみると、本日の公開は終了したとのこと。
そこで朋さんが、「我々は芝居をしている団体です。遥々横浜から来たので、なんとか‼︎」と頼み込み、特別に見せてもらえることに。
巨大な蓮の花。巨大なおたまじゃくし。

IMG_3942-compressor
お座敷に上がり障子を開けると、白洲の向こうに能舞台が。

IMG_3967-compressor

IMG_3945-compressor
白洲を囲む縁側を伝い、しげしげと見学。
「雨が降ったら白洲の小石が音を立てるから素敵だろうね」と女子で話す。
朋さんは「ここで是非『恋に狂ひて』を上演したい。今度は能舞台用に仕込んで、全国の歴史ある芝居小屋や能舞台をまわるツアーをしよう!」と仰っる。
「それはいい!」と皆で大いに盛り上がる。是非実現したいです。
その後園内の近場をぐるりと散策する。
松一本取っても絵になる。田圃の苗も美しい列を作っている。池の亀が近寄ってきて、私たちの顔をしげしげと見る。鶴が一斉に鳴く声が聞こえる。
再び車に乗り込み、ホテルに移動。
岡山では朋さんのお気遣いで、全員一人部屋に。学生寮のようなシンプルな部屋で居心地は悪くない。

のちのち、部屋でお湯を沸かすことが出来ないということが判明する。設備が壊れていたそうだ。この滞在中には直らないと言われた。説経節政大夫さんは、キッチン付きの部屋を見て、これで自炊が出来ると喜ぶ。

この後、政大夫さんは早速買い出しにお出かけされたらしく、「2リットル◯◯円の水を見つけましたよ」と、誰かと顔を合わせるごとに話されていた(そして、結局多くの人がその水を買っていた)。また、その時一緒に買ったブロックのハムを使って自炊をなさっていたとのこと。旅先でも自炊にこだわるのは、「いつもの過ごし方」を極力変えないためでもあるらしい。

一休みして後、会場までの道のりを視察すると……。トラックが駐車場問題で困っているところに遭遇。なんと、天神山文化プラザは月曜はお休みのため、駐車場に入れないとのこと。無理を言って美術館の駐車場に止めてもらうことになった。その現場に遭遇。本当に遭遇しただけ。色々トラブルがあるもんだとしみじみ思った。

荷物を置いて少し休んで、各々夕飯を食べに町に出る。
韓国料理の店が多い。
政大夫さんから近くのスーパーマーケット情報をいただき、何人かで水やヨーグルトを買い出しに行く。
スタミナを付けようと数人でステーキ&ハンバーグの店に入る。
いつものことながら遠藤さんは大きなステーキをペロリと食べる。

遠藤さんの食欲にはいつもながら感心させられる。ステーキは結構な分量だった。ドレミの街というデパートに入っている100円均一で買い物をする。

胃腸が丈夫でエネルギーを摂取できること、好奇心旺盛で若い世代とも全く違和感無く仕事ができること、ひたすら好きなことやりたいことをやっていること、余計なことで心を悩ませないことが遠藤さんの元気の秘訣とお見受けします。
明日も仮面ワークショップのみで公演はなし。
相部屋も楽しいけれど、今夜から数日気兼ねなく一人部屋で休めるのもありがたいです。