gokurakukingyo_web05x

光と影、そして力強い語りと音が織りなす

創作影絵人形の世界

村娘おさきの数奇な運命と

いのちの不思議がゆらぐ

死と再生の物語

極楽金魚

『極楽金魚』は、四国高松に伝わる「奉公さん人形」の由来話を元に創作した作品。「奉公さん人形」とは病気の子に添い寝させると病を引き受けてくれ、明朝海に流すという身代わり人形のこと。50年以上前に遠藤啄郎がラジオドラマとして執筆・放送、その後、演劇、人形劇、日舞、説経節として上演、また児童文学として出版された名作です。とくに舞台作品は、ヨーロッパでも3ヶ月半にわたりを巡演されたほど好評を博しました。

<遠藤作品の原点>ともいえるこの作品は、創作ながら、本当の民話と思える力強さで、貧しい娘おさきと娘を買い受けた長者、病いに臥す長男回復のため娘の生け贄を進言する山の巫女等が登場します。終盤、朝焼けの海の上で、おさきは船もろともに焼かれ、その炎の中おさきは憧れの金魚「頂天眼」となり、首なし馬とともに金の雨、氷の鱗を降らせながら天へと昇る。女優・吉岡紗矢がたった一人で影絵人形を遣い、語り、松本利洋のライブ演奏とともに壮絶な最期を演じきる舞台は、私たち日本人の哀しみの原質にふれるような感動を呼び起こします。

→作品詳細ページへ

作・演出
遠藤啄郎
人形制作
竹内英梨奈
音楽
松本利洋
語り・人形操作
吉岡紗矢

どんぐりと山猫

宮澤賢治の代表作『どんぐりと山猫』を柿澤あゆみが一人語り(演奏:松本利洋)。山猫の誘いで奇妙な世界へ踏み込んだ少年の成長物語としてより、「誰が一番えらいか!?」という風刺や人間存在の本質を問いかける普遍性を持って生き生きと描きます。ふたつの作品から、日本語の語りのもつ豊かさ、影絵の夢幻的な美術や音楽と一体となった物語の醍醐味を存分にお楽しみください。

→作品詳細ページへ

宮澤賢治
演出
遠藤啄郎
音楽
松本利洋
語り
柿澤あゆみ

スタッフ

舞台進行
奥本 聡
制作
斎藤 朋(マルメロ)+横浜ボートシアター
横浜公演 協力
一般社団法人「自在」関内オフィス
大阪公演 協力
堀内久美子、大蔵喜恵、小手川望
横浜・東京公演主催
横浜ボートシアター
大阪公演主催
横浜ボートシアター、竹内英梨奈
岡山公演主催
岡山県天神山文化プラザ

スケジュール

10月29日(土) 30日(日) 横浜 「自在」南軽井沢稲葉邸
開演 18時
お茶菓子付き(チケット価格に含まれます)
アクセス
会場WEBページ
11月3日(木) 東京・東中野 ポレポレ坐
開演 18時30分
1ドリンク付き(チケット価格に含まれます)
アクセス
会場WEBページ
11月10日(木) 大阪 細野ビルヂング
開演 15時/19時30分(2回公演)
アクセス
会場WEBページ
11月12日(土) 岡山 天神山文化プラザ ホール
開演14時/18時(2回公演)
※岡山公演は岡山県天神山文化プラザの主催です。
お問い合わせ・ご予約は、 TEL 086-226-5005 (岡山県天神山文化プラザ/午前9時〜午後6時) まで。
アクセス
会場WEBページ

チケット

東京・横浜・大阪公演
[一般]3,000円(当日:3,500円)
[学生]2,000円(当日:2,500円)
岡山公演
[大人] 2,000円 (当日 2,500円)
[小・中・高校生] 1,500円 (当日 2,000円)
前売りペア割引[大人×大人] 3,500円
前売りペア割引[大人×小・中・高校生] 3,000円
前売りペア割引[小・中・高校生×小・中・高校生] 2,500円
※岡山公演は岡山県天神山文化プラザ主催のため、他の公演とチケット価格が異なっております。あらかじめご了承ください
※岡山公演のご予約は岡山県天神山文化プラザ (TEL 086-226-5005)まで。

ご予約・お問い合わせ

東京・横浜・大阪公演

横浜ボートシアター
[TEL] 080-6737-5208
[MAIL] yokohama.boat.theatre@gmail.com
[FAX] 03-3761-6358
[WEBフォーム] こちら

岡山公演

岡山県天神山文化プラザ
[TEL] 086-226-5005 (午前9時〜午後6時)