『恋に狂ひて』KAAT神奈川芸術劇場公演 ご感想(2/2)

人形によくひびく迫力のある声がマッチしていて、ビックリするほどかっこよかったです!!

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

演者6人とは思えないくらいダイナミックな動きのある舞台でした。文語の古典調なのにとても迫力がありました。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

人形1人1人はっきり見えて生きていて面白かったです。
役者と人形が一体になっていくのがよく見えて面白かったです。

話もくっきりしていてよかったです。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

政大夫さん元気そうで!!
でんきの三味線よかった。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

今回で3度目ですが、良かったです。
音楽も素晴らしかったです。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

原作の説経節を、人形で面白く演劇化していた。
音楽がすばらしい効果。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

昔、遠藤先生の池袋コミュニティーカレッジで教わったものです。
本当に久しぶりに舞台を拝見しました。
先生がお元気でご活躍、嬉しいです。
とても刺激的な作品でした!

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

初めて観劇させていただきました。
人形と役者が融合されて、独自の世界があって感銘しております。
また、足を運びたいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

初めて観劇させていただきました。
このような芝居があることも知り、感謝しております。
また是非観劇させていただきたいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

すばらしい舞台、感激しました。
演出・俳優さんたちが1つにまとまってのチームワーク。
また音響等どれも心に残りました。
皆様の益々の御精進を期待いたします。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

とても観応えのある、魅力的な舞台であった。
日本の平安時代の物語と、古代ギリシャ的なものが一体となったような感じであり、
弾き語りの内容も思いの外、理解し易いものであった。

17世紀のフランスの戯曲作家ラシーヌの「フェードル」とも筋が似たところがあることに驚かされる。
「フェードル」は古代ギリシャの王家の物語に材をとったものであるが、
やはり継母が義理の息子に一方的に恋慕し、ついには龍に姿を変えるという物語である。

本来ならば観音様はひたすらに慈悲深い存在であるはずなのに、この「愛護の若」においては、
どこか取り引きめいたことをしたり、意地悪な(?)要素を持つことに、やや違和感がある。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

説経節の世界をこんなにも立体的に見せてもらえるのはとてもステキなことと思います。
人形も衣裳も役者さんもすてきです。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

とても面白く観た。
演出が良い。
人形と人間が強くマッチしていた。
音楽も迫力があってよかった。
今度は船劇場で是非観たい。
観たいと思いつつ、観れなかったので……

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

音楽、衣装も素晴らしかったです。
すばらしい舞台が観れて良かったです。
ありがとうございました。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

初演、再演、今次KAAT公演とそれぞれ複数回観劇。
KAAT3回目になる今日の楽日に立ち会い、何故かとても不思議なことに、
数十年前、静寂な教室で背筋を正して聴講した数学の用語、
「収束」「収斂」「発散」を想起。
想定外の世界へ引き込む力を持つYBTから眼が離せない。
その世界を創出される米寿の遠藤氏はひとことで言って「凄い!!」

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

素晴らしい演出・演技だった。
文語・古語の難しさが口調と表情・身振りさらに音で見事に補われ
物語に没入することができた。
語り物、そして演劇の力を感じた。
ぜひまた別の作品も見せていただきたく思いました。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

このような舞台を初めて見ました。驚きと感動です。
言葉と声・肉体が美しく届いて、人形の透明色と相乗してたいへん  よかったです。
(観世音が仮面の生身の人間よりも、人形遣いの方がよいようにも感じたのですが…。
 肉感が突出して。他場面の感覚を異なったものにしてしまういごこちの悪さがありました。)

演出、語り 他見事でした。
賢治が見たいです。

– – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – –

原典「平家物語」のDVDで
横浜ボートシアターの公演に興味をもちました。
とても面白かったです。また見たいと思います。
次回の公演も決まりましたら教えていただければ幸いです。